CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
<< ゴールデンウィークは『世界旅行(気分)』はじまりました! | main | 高井信行染色展 ワークショップ企画 >>
5月27日まで開催です!「北欧とkata kata」展


渋谷神宮前にあるecomfortさんにて開催中の「北欧とkata kata」展も残り一週間程となりました。



展示の初日には型染めのWSも開催し、土佐和紙にクジラを染めました。思い思いの色で染められたクジラにこちらもハッとする自由で楽しいアイデアを頂きました。糊を落とす仕上げはそれぞれ宿題となったので完成は見られなかったのですが、きっと素敵な作品が仕上がったと思います。
(インスタグラム@ecomfort_eoctで作品をご覧頂けます!)
今回の展示でははecomfortさんのお声掛けにより実現した新作、kata kata×江戸風鈴と房州団扇を「日本の夏のあたらしいカタチ」としてご紹介しています。



江戸風鈴は型を使わず空中でふくらます「宙吹き」技法でつくられます。小さな熱いガラス玉を風鈴のかたちに膨らませてから絵付けまで、すべてが職人の手作業です。絵付けは絵がはがれにくいようにすべて内側から。線一本描くにも想像を絶する手間がかかります。内側に絵を描いているので、江戸風鈴独特のガラスのつやもそのままです。以前、芹沢銈介美術館で見たガラス絵の面白さに感動した私にとっては、職人さんのこの絵付けの仕上がりがとても楽しみでした。そして、この風鈴、ひとつ、ひとつ音色が違うのも最大の魅力です。会場でお気に入りの音に出会えますように!
 



房州団扇の工房で日本の竹を使うつくり手は、今や房州では2軒のみとなってしまったそうです。伝統工芸士の太田美津江さんはじめ、平均年齢80歳以上のつくり手さんに一柄一柄魂を込めてつくって頂いた団扇です。そんな素晴らしい風鈴と団扇にkata kataが海の上を気持ち良さそうに飛ぶカモメと大きなクジラの絵を描きました。しなやかな竹が心地よい風を運んでくれますよ!

上記の企画展アイテムはecomfortさんのオンラインショップでもご覧頂けます。
http://www.ecomfort.jp/SHOP/131036/list.html

本展示では他にもkata kata手ぬぐいやポストカード、ecomfortさんオリジナルの夏を楽しく過ごす為のアイテムも多数とり揃えておりますのでどうぞお立ち寄り下さい。


【kata kataと北欧】
日時:5月7日(土)→ 5月27日(金)
   12:00〜17:30(月〜金)※金曜日は20:00まで
   11:00〜18:30(土、日)
会場:東京都渋谷区神宮前5-38-15
TEL :  03-6805-1282
   http://www.ecomfort.jp/special/0413/
| 展示 | 14:47 | comments(0) | - |
コメント
コメントする